トップページ >> ウッドデッキをリフォーム工事のついでに直す

ウッドデッキをリフォーム工事のついでに直す

ウッドデッキはリフォームするというよりは、もう作り替えてしまった方が、かえって安く上がることはありますね。大雑把に言ってしまえば、ウッドデッキは住宅とは直接関係のない部分ですし、もともとそこにある素材を生かして修繕をおこなうよりは、一度すべて取っ払ってしまって、そしてまた作り直す方が安上がりな上に、効率が良いというものですから。
横浜に住む私の友人も庭にウッドデッキの外構リフォームを行ったのですが、まぁとても良いものになっていて羨ましかったですね。

もちろん、ウッドデッキを作ってからの経過年数か劣化具合にもよりますけれど。あまりにもウッドデッキが劣化している場合ならば、防腐剤を塗ったり補強をしたりして持ち直させるよりも、またイチから作る方がその後の持ちが良くなることが多いのですよね。

それにウッドデッキは住宅部分の基礎とはあまり関わりがないところにて、作られていることがほとんどですから、イチから作り直すにしてもとくに手間なく行うことができるのです。

ですからこそ、住宅部分のリフォーム工事ついでに劣化したウッドデッキも一緒に作り直すという人もいますので。