トップページ >> リフォーム後の施行検査の注意

リフォーム後の施行検査の注意

土曜日, 10月 15th, 2016 | これから住宅ローン | 未分類

ついこの間横浜のリフォーム会社にお風呂のリフォームを頼んだのですが、リフォームの工事が完了すると、クリーニングされてからの引渡しとなりますよね、その前に施行検査があることを知っていますか。

これは、設計図面どおりに工事が行われているかということを担当者と共に見て回ることをいいます。この際には仕様書や追加・変更工事の確認書を用意し、設備機器の動かし方を確認したり、正常に動作するかということを細かくチェックしていきます。

リフォームされたばかりの部屋はきれいにされて、細かいところを見落としがちになりますが、ミスがあれば後々の生活に響いてきます。キッチンやバス、トイレなどの部分はもちろんですが、塗装の仕上げや扉の開け閉めなど、細かい部分にも気を払うようにしておきましょう。

ひととおり検査が終わると工事費の清算書が出され、内容について担当者からの説明があります。施主がそれらを清算し、設備の取扱説明書や保証書などを受け取ることで完全に引き渡されることになります。アフターサービスについてもここでしっかりと確認しておくようにしましょう。