トップページ >> リフォームはやりだしたらキリが無いです

リフォームはやりだしたらキリが無いです

リフォームだけに限った事ではないのですが、とにかく一度始めてしまうとキリが無いという所があります。

例えば外壁のリフォームは一般的に10年に一度と言われています。

これだけでまず100万円以上かかります。

ですが10年目ですとそれ以外にもトイレが調子悪くなったり、エアコンが調子悪くなったり、ベランダの防水が必要になってきたり、屋根の塗装が必要になってきたりととにかくやらなくてはいけない所を探し出したらキリが無いのです。

これは住宅を購入する際の落とし穴といっても良いでしょう。

住宅ローンを組む時や住宅を購入しようとしている時に敢えて不安にさせる様な情報を教えてくれる不動産会社はありません。
住宅ローン借り換えするのなら金融会社に相談してくださいね。

10年毎に全てリフォームしていかないと駄目ですよ。

と言われたら住宅を購入するのを躊躇いますよね。

せいぜい外壁の塗装等を少し教えてくれるという所で、まさかその他にも色々と壊れてしまうなんて夢にも思っていないですよね。

賃貸ならばそういった故障は大家さんが直してくれますので、実質自分の負担は無いのですが住宅の場合はもう全て自分達でやらないといけません。

自分の物になるというのはそういったデメリットもあるという事をしっかりと理解しておかないといけません。

毎月の家賃と一緒の金額だからと簡単に考えて住宅ローンを組んでしまうとこういった想定外の出費で首が回らなくなりますのでしっかりとその辺りを吟味して住宅ローンを組むかどうかを考えるのが理想といえます。