トップページ >> 住宅ローンを契約する前に信用情報を開示

住宅ローンを契約する前に信用情報を開示

住宅ローンは、クレジットカードやショッピングローンと同じように、借りる時借り換える時に住宅ローンの審査があります。そこで、重要になってくるのがあなたの金融関係の信用情報になってきます。

この信用情報は、一定期間あなたの今までのクレジットカードやショッピングローンなどの利用履歴が記載されています。もし、延滞歴や債務経歴などが記載されていますと、住宅ローンの審査において大きなマイナスになってしまって、審査に通るのが難しいです。

ですので、一度確認して、問題がない場合に住宅ローンを契約するようにします。そのほうが、審査に通る可能性が高くなって、安心して審査結果を待つ事ができます。

この信用情報は、自分で開示できます。開示するためには少し手間はかかりますけど、開示するのがお勧めになってきます。

ただ、今まで延滞した事がない、債務整理した事がない人は、問題ないですので、わざわざ開示しなくても大丈夫です。あくまで、今までの人生でそのよう延滞や債務整理経験がある人のみ開示します。