トップページ >> 中古住宅購入で住宅ローンを組むと頭金が多くなる?

中古住宅購入で住宅ローンを組むと頭金が多くなる?

土曜日, 10月 1st, 2016 | これから住宅ローン | 未分類

イメージから言えば、新築マイホームを建てる時に申し込む住宅ローンの方や住宅ローンの借り換えをする方の審査は厳しいというものがありました。住宅ローンの借り換えが厳しいというのはなんとなくわかりますが、新築マイホームの住宅ローンの申し込みは違うのですよね。中古住宅を購入する際に申し込む住宅ローンの方が、なんだか審査が厳しくって。

とは言っても、私は金融機関関係者でもなんでもなく、一般の主婦なのですが友達や知り合いの話を総合すると、やはりその印象なのですから。わが家は新築で一戸建て住宅を建てて、頭金は全体の1割弱しか入れていません。それでも住宅ローンの審査はあっさりと通ったのですよね。

けれども中古住宅の場合ですと、まずはじめに住宅ローンの相談段階で結構な額の頭金入れることを約束できないと、住宅ローンが組めないということで。まあもっとも、住宅ローンを組む人の年齢や職業にもよりますから、断定はできませんけれど、しかし一般的なアラフォーサラリーマン家庭でこのような例でしたから。もう少し若ければ、頭金の金額も下がるとは聞きますけれど。まあそのような例もいくつかあるということで。