トップページ >> 近い将来、住宅ローンを利用しようと考えています

カテゴリー: 未分類

近い将来、住宅ローンを利用しようと考えています

近い将来、住宅ローンを使って、マイホームを持ちたいと考ええいるサラリーマンであり、勿論、その為に以前から頭金などを準備しながら待機しているものです。 それにしても最近は住宅ローンを利用するには金利が最低水準にあり、借り手側は非常に有利な条件が揃っているとも言われています。 

ところで、此の住宅ローンというのは一般的には長期に渡って借り入れすることになるが、此のようなことから僅かの金利差でも月々の返済金や総額に物凄く影響すると聞いております。 そして此の住宅ローンというのは景気に左右されるとも言われています。

住宅ローンの金利変動というのは、勿論、経済の動向や中央政府の金融政策などで決まってくるらしいです。 世間的に見ても最近の景気の状況は素人目から見ても、良くも悪くもなく中間的な位置にあるとも言われていますが、従って、金融の金利そのものも大きく変動することは無いとも言われているようですね。
従って、家を購入する時期と言うか住宅ローンを使用する時期的には、今がチャンスと言う見方も有るのでしょう。

借り換えのスムーズさで住宅ローンを選ぶ!?

住宅ローンで大きく迷うところのひとつは、「変動型」にするか「固定型」にするかということでしょう。低金利時代だからこそ悩むという人もいるでしょう。そして銀行員ではなく、ましてや金融に詳しいわけでもない人ならばとくに、「住宅ローンをどうしていいのかわからん!」などと悩むこともあるでしょう。

そこで決めかねて、「とりあえず変動型で住宅ローンを組む」という人もいたりします。しかし住宅ローンを出している金融機関のなかには、途中で変動から固定への借り換えをスムーズにおこなえるようにしているところもありますからね。

ですから、住宅ローンは変動か固定かで迷ったら、「途中でスムーズに借り換えができる」というところもポイントに、住宅ローンを組む先の金融機関を選んでみてもいいでしょう。「とりあえず変動」で現在の自分のメインバンクで住宅ローンを組むのもいいですが、もう少しこだわりたいのならば、借り換えをひとつのポイントにして、住宅ローンを選んでいくのもいいでしょう。

住宅ローンの低金利時代

今年築10年の中古戸建て住宅を購入しました。
旦那の名義で住宅ローンを組んでいます。
頭金は諸費用の200万で残りの住宅の金額を住宅ローンで組み、10年固定の金利が0.75%と大変安く済みました。
今は変動金利が大変安い時代なのでそちらにしようか大変悩みましたが、いつ急に金利が上昇するかわからない中、無難に10年間固定しその間にできる限り貯金をして対応できるようにしようと夫婦で話し合いこの借り方としました。
ただ住宅ローンの金利を確定させる日に少しトラブルが発生しました。
この銀行さんは金利を追加することで脳卒中やガンなどの疾病になった際に、住宅ローン残高が0になるという商品がありました。
本審査も終わり当日契約する段階で、この商品について旦那の持病である喘息の薬によって加入できないという事が発覚しました。
ただ相手方もその事については上の方も来られ謝罪を何度もして下さるなどし、旦那の生命保険にて対応することとなり無事話が進みました。
私達夫婦も全ての文章を読んでおらず、そういったミスが今回の事を引き起こしてしまいました。
住宅ローンにかかわる文章は大変量が多く読み切ることは大変根気を必要としますが、どんな小さな文字でも見落とさず自分たちの住宅購入という夢に向かっていくことが大切だと思います。

フローリングの張替えリフォームは数十万円

フローリングの張替えリフォームについてですが、壁紙の張替えリフォームと同じような感覚でいたらショックを受けますよ。まあそれでも水回りの住宅設備を入れ替えるリフォーム工事に比べましたら、ショックのほどは比べものにならないぐらいに小さいですけれど。

しかしそれでも、フローリングの張替えリフォームだってなかなかですよ。壁紙の張替えリフォームから考えていたら、金額だってビックリします。壁紙リフォームなんてかわいいものでした。だって、フローリングの張替えリフォームは数十万円でしたからね。

まあ、私がフローリングの張替えリフォームを安いものだと思い込んでいたから、ショックを勝手に受けたのですが。わが家の場合は、ダイニングスペースと一続きのリビングルームのフローリングの張替えで、50万円かかりました。それに、もう一部屋のフローリングの張替えリフォームを加えて、トータルで70万円となりましたからね。

リフォーム経験者の知人に話したところ、それでも良心的な部類らしいのですが、しかし壁紙の張替え感覚でいた自分からすればショックでした…。まあ相場並みらしいのですが。

リフォーム費用を安くするためには

大掛かりなリフォームをして、家を新築みたいに改装したいけど、予算が限られている事があります。

その場合は、なるべくリフォーム費用を安くする必要がありますけど、その方法についていくつかお話していきます。

まずは、節約意識を持ったリフォーム業者か建築士にお願いする事です。節約意識が強く、その上で、うまく改装してくれる人にお願いする事によって、あなたの要望もかなえやすく、さらに費用も安くなって一石二鳥です。

機材も再利用したり、その古い機材をうまく新しいのに生まれ変えられるようなアイデアも豊富にありますので、どの業者にそして誰にお願いするかというのは重要になってきます。

次に、必要ない部分はリフォームしない事も大事です。すべてをリフォームすると、相当な費用が必要になってきますけど、必要がある部分だけをリフォームすれば費用を安く抑える事ができます。また、工事費用も必要になってきますので、工事費用が安めの優秀な業者を探す事も大事になってきます。

10数年前に住宅ローンで注文住宅を

神奈川県某市の郊外北部に位置する山沿いに、大手デベロッパーが開発した分譲地を購入し、地元業者によって注文住宅を住宅ローンを利用して建てました。 

丁度住宅ローンはマイナス金利の恩恵を受けられて低金利化していますし、住宅ローン借り換えをすべきか専門家に相談すべき案件ですね。住宅ローンはお金ですから、ネット情報で動くのは得策でありませんし。

時期的には今からほぼ10数年ほど前の2002年の当時の事で、土地面積は75坪ということで決して広い土地ではありませんが、我等、サラリーマンつぃては正一杯の頑張りでありました。 建物の方も何とかそれなりの広さあり、間取りの関係もそれなりの満足のいく住居が出来上がったと思っております。

構造的には木造の2階建ての建物で述べ面積が32坪ほどの広さであり、間取りは3LDK+ロフト部分(物入れ1間)で、一階が8畳8畳のLD、2階が6,8畳の和室と8畳の板の間の洋室になりました。

建物の質や形は予算の関係もあり、木造を主体とした標準的なもので、内装、外装、更に所設備関係は全く普通の水準のものか、それよりやや抑えた感じでちおいっていいでしょう。

さて、肝心な住宅ローンですが、建物の要した金額というのは坪単価にすると50万円相当、車庫や物置などの付帯設備を入れると、55万円相当になりました。 総額で2200万円であり、住宅ローンででの借入金額は総額で1800万円であり、月々の返済は金利が固定金利で1.2%のボーナス払いは0円の元利均等払いで、月額すると6・6万円を一寸超える程度でした。

リフォーム後の施行検査の注意

ついこの間横浜のリフォーム会社にお風呂のリフォームを頼んだのですが、リフォームの工事が完了すると、クリーニングされてからの引渡しとなりますよね、その前に施行検査があることを知っていますか。

これは、設計図面どおりに工事が行われているかということを担当者と共に見て回ることをいいます。この際には仕様書や追加・変更工事の確認書を用意し、設備機器の動かし方を確認したり、正常に動作するかということを細かくチェックしていきます。

リフォームされたばかりの部屋はきれいにされて、細かいところを見落としがちになりますが、ミスがあれば後々の生活に響いてきます。キッチンやバス、トイレなどの部分はもちろんですが、塗装の仕上げや扉の開け閉めなど、細かい部分にも気を払うようにしておきましょう。

ひととおり検査が終わると工事費の清算書が出され、内容について担当者からの説明があります。施主がそれらを清算し、設備の取扱説明書や保証書などを受け取ることで完全に引き渡されることになります。アフターサービスについてもここでしっかりと確認しておくようにしましょう。

中古住宅購入で住宅ローンを組むと頭金が多くなる?

イメージから言えば、新築マイホームを建てる時に申し込む住宅ローンの方や住宅ローンの借り換えをする方の審査は厳しいというものがありました。住宅ローンの借り換えが厳しいというのはなんとなくわかりますが、新築マイホームの住宅ローンの申し込みは違うのですよね。中古住宅を購入する際に申し込む住宅ローンの方が、なんだか審査が厳しくって。

とは言っても、私は金融機関関係者でもなんでもなく、一般の主婦なのですが友達や知り合いの話を総合すると、やはりその印象なのですから。わが家は新築で一戸建て住宅を建てて、頭金は全体の1割弱しか入れていません。それでも住宅ローンの審査はあっさりと通ったのですよね。

けれども中古住宅の場合ですと、まずはじめに住宅ローンの相談段階で結構な額の頭金入れることを約束できないと、住宅ローンが組めないということで。まあもっとも、住宅ローンを組む人の年齢や職業にもよりますから、断定はできませんけれど、しかし一般的なアラフォーサラリーマン家庭でこのような例でしたから。もう少し若ければ、頭金の金額も下がるとは聞きますけれど。まあそのような例もいくつかあるということで。

3つのリフォームに対する貯蓄の備え

住宅ローンを組んで手に入れた住宅も、住み続ける間にリフォームの必要性が生じます。そのリフォームには、大きく分けて3つに区分する事が出来ます。
住宅ローンの借り換えについては、とにかく住宅ローン会社に足を運んで借り換えについて相談するのが一番です。

まず第1は、家族構成や生活パターンの変化に応じて住み易さを追及して、間取りや大規模な部屋の模様替えなどを実施したいと思う時がやって来ると言う事です。

第2には、水周りの設備の老朽化や、外壁塗装など放置して置くと住宅の躯体などを劣化させる恐れがある為、住宅を長持ちさせるために必要なメンテのリフォームです。

第3のリフォームは、高齢化に伴うバリアフリー化のリフォームです。マンションなどではバリアフリー化を配慮した物件もありますが、戸建ての建売住宅では敷地の事もあり、中々バリアフリーに配慮できている物件は少ないのが実態です。

仮に35歳で35年ローンを組んで住宅を購入した場合には、完済は70歳と言う事になります。まず第1のリフォームは子供が独立する60歳までに訪れる事になりますし、第2のメンテのリフォームは新築から20年程度が目安で、55歳には必要と言う事になります。また最後のバリアフリー化のリフォームは70歳頃には考える必要性が生じる事も多いのです。

この様に、住宅ローンを完済するまでに、いくつものリフォームが必要となって来るのです。新築住宅購入時には、中々こうしたリフォームの必要性に思い至らないでしょうが、新築住宅を購入した時から少しづつリフォーム費用の備えをする事が必要なのです。

従って、こうした費用積み立てを勘案して、余裕を持った住宅ローンを組む事が重要だと言えるのです。

住宅ローンと賃貸

住宅ローンを支払うとなると、一応30年以上はそれを支払い続けなければいけませんが、それは、最初の頭金の比率にもよりますし、借換えをすれば、かなり月額の住宅ローンは変わってきます

そして、賃貸はどうなるのかというと、賃貸というのは、どぶに捨てるようなものだとマイホームを持つ人、誰しもが言っていた言葉です。

私もその影響もあってか、賃貸というのはあまり良いイメージがありませんでした。

私の夫に関してもそうです。

賃貸というのは、何も自分の得にならない、何も自分に残らないものだという風にとらえていました。

ですから我が家はずっとマイホームをほしいと思っていて、マイホームを手に入れました。

結果、賃貸料は払わなくてよくなったのですが、住宅ローンは払わなくてはいけません。

でも、毎月払っている住宅ローンというのは、結局自分のために残ることなので、住宅ローンを払ってでもマイホームを手に入れるというのは良いものだなと思いました。